新型コロナウイルスの感染症対策


帯広畜産大学が新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活性効果を報告しました(2020/05/21)

第1報はこちら

第2報はこちら



ジョンズ・ホプキンス大学の新型コロナウイルスに関するオンラインセミナーを受講後、試験に合格し修了証をいただきました(2020/5/19)


東京歯科大学名誉教授の奥田先生が歯科医療に関して発信しています(2020/05/17)


口腔外バキュームの設置

乾湿用クリーナーを口腔外バキューム用に改造。消毒液に浸したフィルターおよびHEPAフィルター使用して排気が診療室内に及ぼす影響を考慮しています。 

口腔外バキュームの効果



次亜塩素酸を噴霧

湿度が新型コロナウイルスに及ぼす影響については、種々の考え方が報告されていますが、当院ではインフルエンザウイルスに準拠して次亜塩素酸を噴霧しています(次亜塩素酸ナトリウムではありません。次亜塩素酸については後述)。


手指の消毒

手指の消毒剤が不足している中、当院では以下の薬剤を確保し,混和して手指の消毒に使用しています

・消毒用エタノール

・10%ベンザルコニウム塩化物液(10%)

・グリセリン


手すり、ユニット等の物の消毒

手が触れる手すりやユニット等の消毒は消毒用エタノール等にて消毒しています(東京都感染症センターHPより引用)



診療室、待合室の空間消毒

新型コロナウイルスに有効とされる次亜塩素酸(次亜塩素酸ナトリウムとは異なります)を診療室および待合室に噴霧しております(機能水研究振興財団HPより引用)


コロナとインフルエンザ

コロナウイルスとインフルエンザウイルスは粒子構造が非常に似ています(機能水研究振興財団HPより引用)